Top > 用語集

用語集
HTML ConvertTime 0.041 sec.

「装甲娘」用語集 Edit

あ行 Edit

アダムイブII型
ダンボール戦機Wに登場した アダムとイブ の2号機。
NICS長官(ジェシカの父)から大空博士に打診されていたが、当初は博士は乗り気ではなかった。
しかし、対ミゼルに必要ということで作成。
元祖にはない第3のユニットである「マルス」が実装されている。
その核に使われているのは。。。
(詳しくはゲーム本編を参照。)
アテナス
オタクロス
アキハバラの長老と呼ばれているハッカーの老人。
パーフェクトZX3(アキバタ アリス)からは「オタ師匠」と呼ばれている。
「装甲娘」の世界では、山野博士の要請でハカタシティに出向いている。
大空博士
本名 大空遥。大空ヒロ の母親。
「AIの権威」と呼ばれている。
emotion AIを作り上げた一人。女性。
神威大門が設立されてからはそちらに勤務している。
仕事中はぐるぐるメガネを装着。メガネを取ると美人なのはお約束。
第6章で膨大な数に分散・離脱したミゼルの居場所を突き止める「秘策」となる アダムイブII型 を完成させた。
オーバーセンス

か行 Edit

海道ジン
言わずとしれた「秒殺の皇帝」
本作では神威αの総司令を勤めている。
男性であるがゆえ LBCS を装着することはできないが、
試作型 LBCS エンペラーで神威α入り前の アスカ を秒殺するなどその実力は健在。
海堂義光(よしみつ)
カカム
風摩キリト
神威α
メンバーは以下の通り
神威大門装甲学園
財前元総理が理事長兼学園長を勤めている。
作戦司令は海道ジン。
装甲娘候補を150名も抱え、日々研鑽を重ねている。
装甲娘候補は14~18歳の女子が対象だが、年間で一定基準を満たさないと退学という厳しさ。
育成方針は「仮想国同士を競わせて強くする」というもの。
ダンボール戦機にも登場した人物たちが多数所属している模様。
シミュレータルーム「セカンドワールド」初めとして設備も充実。
クレジット
ゴーストジャック
コアストーン
スカウトを行う際に必要なアイテム。150個で1回スカウト可能。1500個で10回

さ行 Edit

サージェン
シータ
ジャック・ジェラート
シラタキ
とある自警団の長。口調が荒いが部下思い。
13号
元はミゼル配下のベクター13号。
破壊工作任務のためにアテナスに偽装投降したが、メンバーと触れ合ううちに本当に懐いてしまう。
ミゼルによって強制命令チップが埋め込まれており、葛藤しつつも任務を達成して離脱。
後にミゼルによって破壊されてしまうが、神威大門で修復された。
ジョーカー によって「トミー」という愛称がつけられた。
装甲娘

た行 Edit

隊長
本作のプレイヤーの分身。
元々は防衛隊に所属していて、その後除隊して民間組織である「アテナス」を設立した。
「装甲娘という LBX の化身を、本来あるべき "日常" という箱に帰したい。」
「理不尽な戦いを強いられることになった彼女たちを、誰ひとり欠けることなく、元の居場所に帰すのが、自分の使命だ」
という信念で戦っている。

な行 Edit

は行 Edit

冬野ユウキ
装甲娘のイラスト担当者。スタッフ参照。
ブレインダウンロード
ポップキュン
装甲娘のイラスト担当者。スタッフ参照。

ま行 Edit

円居雄一郎
装甲娘のイラスト担当者。スタッフ参照。
ミゼレム
上記のミメシスがリニューアルに伴い改称された物。
正式名称は 「ミゼルズ レムナンツ」(ミゼルの残滓)
ミゼル
ダンボール戦機W・ミゼル編のラスボス。使用LBXはオーレギオン、ミゼルオーレギオン
プロデューサー・ディレクターレターによれば「装甲娘は彼が起こした事件によって分岐したパラレルワールド」であるようだ。
詳しい詳細はダンボール戦機W・ミゼル編を参照
美都博士
「脳科学の権威」と呼ばれている。
emotion AIを作り上げた一人。
ミュー
むらさきゆきや
装甲娘のシナリオを担当。スタッフ参照。

や行 Edit

八重樫南
装甲娘のイラスト担当者。スタッフ参照。
山野博士
LBXから派生した戦闘用パワードスーツ「LBCS」研究協力者として様々な技術開発や、現場での調整も担当している。
(むしろググった方が詳しい解説が見つかります。)
政府の監視下に置かれているらしく、「個人での海外渡航を禁止されている」という説明がある。

ら行 Edit

わ行 Edit

英数字 Edit

A国
ジャンヌ・D(ジェシカ)マッドバイソン 達の出身国。
本作品においてはミゼレムの驚異にはまだ曝されていない模様。
emotion AI
LBCS(Little Battler Counter System)
本作において、ミゼルカウンターとして早急に開発がすすめられた装着型パワードスーツシステム。
開発速度を早めるために既存のLBXの延長線上の技術がふんだんに使われていて、その戦闘力は現用兵器では太刀打ちできないミゼレムを一撃で粉砕するほど。
最大の欠点はLBXに適応した少女たち、それも女子高校生にしか扱えず、性能も設計の元となったLBXに準じていること。
また、その力も装着者の能力・精神状態によって大きく増減しまう。
DNAレベルで装着者にパーソナライズされるため、一度決まったLBCSを変えるのは容易ではなく、通常は行われない。
なお、装着者が女子高校生ばかりなのは、彼女たちの年代が最もLBXと適合しやすかった結果であるらしい。
LBX(Little Battler eXperience)
直訳すると「小さな戦士の体験」。Googleなどで翻訳をかけると「ダンボール戦機」と訳される。
海外では「Little Battlers Experience」と、複数系で表示されることもある。
POP
装甲娘のイラスト担当者。スタッフ参照。
 「旧装甲娘」用語集

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/用語集? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS